精神科・心療内科・内科
〒583-0884 大阪府羽曳野市野164-1
TEL 072-955-4468

 

専門外来のご案内

スタッフブログ

 

トップページ»  児童思春期専門外来

児童思春期専門外来

 

児童思春期専門外来

少子化・核家族化・情報化社会のなかで、こどもたちを取り巻く環境の変化は激しく、昔とは異なる新しいストレスやより複雑な社会環境に取り巻かれています。こどもたちの抱えるなやみや不調を、身の回りの大人だけでは解決しにくいことも多いでしょう。
児童思春期専門外来では、こども(主に5~15歳)の発達上の問題に対して精神医学・心理学的な観点から、解決や改善をお手伝いします。

活気がなくやる気がでない 気分がしずみがち 学校になぜか通えなくなった
集団行動がしんどい こだわりが強く周囲に合わせるのが苦手 ソワソワしておちつきがない イライラしやすくて集中力がない
ともだち関係や家族関係で悩みがある 頭痛・腹痛があるが、検査をしても異常がない
勉強がうまくいかない 得意不得意が極端でこまる  

 

診察日

水曜日の午後・金曜日の午前・午後 (予約制です。まずは072-955-4468までお電話ください)

診察室
診察室
心理室
心理室
箱庭
箱庭
よくあるご質問はこちら
よくある質問
Q1 どのような診療や治療をおこなうのですか?
Q2 費用はどうなりますか?
Q3 どのような診察の流れになりますか?
Q4 15歳以上ですが、未成年です。受診できますか?
Q5 診察を受けさせたいのですが、こどもが嫌がります。どうしたら?
Q1.どのような診療や治療をおこなうのですか?
医師の面談を中心に、ご家族・ご本人との信頼関係のもとで診断あるいは問題について明らかにしていきます。必要に応じ、精神療法・薬物療法・ご家族やご本人へのアドバイスをさせていただきます。学校など各種機関とも連携をとらせていただくこともあります。
また、臨床心理士による心理検査やカウンセリングも施行することがあります。低年齢のこどもさんや、ことばでのやりとりが苦手なこどもさんには、箱庭・プレイセラピー・絵画といった非言語的なアプローチを用いることもあります。(こどもさんだけでなく、子育てのなやみなどに対し保護者の方へのカウンセリングも可能です)
Q2.費用はどうなりますか?
保険証を持参していただければ、一般的な診療と変わらず3割負担となっています。乳児医療証・こども医療証など各種医療証がご利用できます。カウンセリングは自費となる場合があります。
Q3.どのような診察の流れになりますか?
まずは、診察のご相談のお電話をください。お電話で簡単にどのようなことでお困りなのかをケースワーカーがお聞きし、ご予約をお取りします。(かかりつけ医をお持ちの場合には、診療情報提供書や紹介状の持参をお願いしています)
来院後に、ケースワーカーが学校やご家庭でのご様子や今までにかかったご病気のことなどを伺います。
(こどもさんは同席されてもされなくてもかまいません)
その後、診察を受けていただき、治療の方向性についてご提案やご説明をさせていただきます。(ご希望があれば、ご遠慮なくお伝えください)
Q4.15歳以上ですが、未成年です。受診できますか?
まずはご相談ください。場合によっては、ご成人と同様に一般外来での受診をおすすめすることもあります。
Q5.診察を受けさせたいのですが、こどもが嫌がります。どうしたら?
まずは保護者の方だけでご相談に来ていただいてもかまいません。こどもさんの受診について、いっしょに検討していければと考えています。
こどもさんが「どんなところかわからなくて不安」というのであれば、HP上の画像も参考にお声かけください。また、来院して診察室には入らずに、いったん病院や診察の様子を見るだけでもかまいません。