丹比荘病院

精神科・心療内科・内科

〒583-0884 大阪府羽曳野市野164-1

ご予約・お問い合わせ 072-955-4468

メニュー メニュー

  • CONTENTS
  • CONTENTS
  • CLINIC
  • CONTENTS
  • FAQ
  • CONTENTS
  • CLINIC

もの忘れ外来

もの忘れ外来とは

もの忘れ外来では、認知症等の病気によるものなのか、年齢によるものなのかを診断します。
老年期のこころの問題には、脳の老化に伴う認知症と、脳の老化とは直接関係のない様々な病気があります。もの忘れ外来では、専門的な診察や検査等を行い、その方の診断結果に応じた治療を開始します。また、必要なケア及び福祉サービス等のアドバイスを行います。

早期受診、早期診断の必要性


ご家族で気になる症状が現れていても、病院での診察を受けた方がよいか迷われている方も少なくありません。しかし、認知症は早期発見して正しく診断されることで適切な治療を受けられる病気です。また、早い段階より認知症をよく理解し、家族や周囲の人々が適切な対応をすることで進行を和らげることが出来ることがわかっています。そして、福祉サービス等を活用することでご家族の介護負担を減らすこともできます。これまでとは違う症状や行動に気づいたら、もの忘れ外来を受診しましょう。

認知症早期発見の目安

  • もの忘れがひどい(同じ事を何度も言う、いつも探し物をする)
  • 判断・理解力が衰える(失敗が多くなった、新しい事が覚えられない)
  • 時間や場所がわからない(約束の日時や場所を間違える、慣れている道でも迷う)
  • 人柄が変わる(些細な事に怒る、頑固になる、失敗を他人のせいにする、様子がおかしいと言われる)
  • 不安感が強い(一人だと怖がったり寂しがったりする、持ち物を何度も確かめる、頭が変になったと言う)
  • ぼんやりとしている事が多い(下着を替えず身だしなみを構わない、好きな事に興味を示さない、億劫がる)

もの忘れ外来においては、問診、心理検査、診察、MRI撮影等を行って診断いたします。
(但し、MRIに関しては、骨折の治療等により、体内に金属を埋め込まれている方を除きます)

    詳細に関しては、事前にお電話にてご相談下さい。

    TEL 072-955-4468